確認

デッサンとかを頑張るのは絵が上手くなって注目してもらいたいからじゃなくて、お金を稼ぐためでもなく、自分が描きたいものを自分の想像するままに形にできるようになりたいからだ。最低限できなくちゃダメっぽいからしっかりやる とかそういうわけではない。一番の理由は、頭の中にあるもの,イメージ,感覚 をそのまま画面にトレースできるようになりたいからだ。自分の目標に必要だから勉強する。あくまでひとつのステップであって、ゴールではない。

なぜこんなことを書くのかというと最近自分が、

上手い人はどうやって、何を使って描いているのかとか そういうことばかり気にして、理詰めで描いてくみたいになりがちだからです。
テクニックにとらわれすぎている気がする...。そんなもの頑張ればだれでも生み出せるし、目指すべきはそこじゃない。

やらなくてもいいということではないんだろうけど…
上手にきれいに描けたんだから良いものなのかというとそれは違うと思う。
完璧な技を身につけてもそれだけだと、すごいね~綺麗だね~…で終わっちゃう気がしている。それはむなしい。
なんでもいいけど何か感じてもらえるものがある絵が描きたい。感覚を大事にしたい。

自由に描いて、自由に感じてもらえたらいい。

あ、でも、
それで食べていかないといけないとなったら、対価をもらえるクオリティのためにはやっぱり必要なのかな…?
でも技術に対してお金を払うというわけでもないような…そもそもお金の話と結びつけていいものなのかな?
むずかしい!

 


でもとりあえず確かなのは、こんな偉そうなこと書く暇があるならもっと絵の勉強しろや自分〜〜ということです。